Event is FINISHED

学生が、アジアで広めたリ・デザイン‐学生目線で感じた世界に生きる人々の個人と社会の関係性

「わたし」と「社会」のリ・デザイン展 EDAYA JOURNEY展 vol.2内イベント
Description
「わたし」と「社会」のリ・デザイン展 EDAYA JOURNEY展 vol.2 内イベント
→展覧会趣旨の詳細に関してはコチラをご覧ください。


2013年3月に第1回を開催したEDAYA JOURNEY展。失われつつある北ルソン山岳先住民族カリンガの竹楽器の今を、現地取材を通して切り取り、映像や写真にて発表しました。第2回目となる 今回は、前回の展覧会から一歩深く踏み込んだカリンガの世界観を、日本の皆さまにご紹介するとともに、ご覧くださった方が、自らが生きる世の中のあり方 (日本)と自分との関係性を見直すきっかけとなることを願って企画しています。テーマは、「わたし」と「社会」のリ・デザイン。年間3万人が孤独死で亡く なる国日本で、孤独死などなかなか起こりえない南の島の秘境カリンガに生きる人々の事例を紹介することが、「あなた」自身の社会への関係性の再考を問うこ とにつながるのではとの思いから、私たちなりの挑戦的な展示を予定しています。

そんな展覧会の中で開催される特別イベントも、ゲストのみなさん自身がそれぞれの活動フィールドで、どのように社会との関係性を紡いできたのかをご紹介し、来てくださる皆さんにとってのインスピレーションとなるような構成を考えました。

本イベントのテーマ、それは、日本からアジアに赴いて活動をしてきた学生たちが、どのような「わたし」の想いをもって現地に行き、その活動のなかでどのように人々と関わり、「社会」に何を投げかけたのか、ということ。学生目線での「わたし」と「社会」との関係づくりを、アジア各国で活動してきている学生たちにプレゼンテーションしていただき、その成果や課題を、きてくださる観客のみなさまとシェアします。さらに、アジアで地に足のついた取り組みを実践している素晴らしい方々を審査員として迎え、コメントやアドバイスをいただくとともに、会場を交えたクロストークから、私たちと社会とのよりよい関わり方を探ります。

【参加学生団体】

・学生NGO HaLuz 
日本・東ティモールにおいて、「両国の将来を担う優秀な若者を輩出するプラットフォームとなること」を理念として掲げ、現地伝統織物生産者への支援プロジェクト、理数教育開発プロジェクトなどを行っています。http://haluz-tl.com/

・学生団体フェアトレードドリップパックプロジェクト
「学生がラオスの農園とあなたをつなぐ」という理念を掲げ、現地のコーヒー生産者の生活を伝え、フェアトレードを広めるために、ラオス産アラビカ・ティピカコーヒーを使用した製品開発から販売までを行っています。http://ft-drippack-project.jimdo.com/

・学生団体BelaVirino
「すべての女の子が自分らしく輝ける世界へ」 “美容×国際協力”の全く新しい学生団体。美容→自信・希望・活力→女性の社会進出→発展という循環を作るため、フィリピンにてMissDreamContestなどの活動を行っています。http://bela-virino.sakura.ne.jp/

・EDAYAインターン学生チーム
「マイノリティのエンパワーメント」をテーマに掲げるEDAYAの学生インターンとして、アイセック早稲田を通して現地フィリピンに趣き、カリンガの人々とコミュニティ作りや商品開発などの活動を行ってきました。
https://www.facebook.com/AIESECWALC


【審査員】

高濱 宏至 様
NPO法人Class for Everyone代表理事
1985年、熊本生まれ。途上国に平等な教育機会を創出するべく、日本で廃棄されるデバイス機器をリユースして、アジア・アフリカの子ども達のICT教育に活用するNPO法人Class for Everyoneを設立する。3年間で約1,500台のパソコンを16ヶ国72地域に届けつつ、自然エネルギーを活用した教育インフラのモデルをフィリピンで構築中。http://class4every1.jp/

木田 直美 様
株式会社K.I.D.A. 代表取締役/ フィリピン留学カウンセラー/海外事業進出コンサルタント/ミス・ユニバース・ジャパンTOP5
父が日本人、母がフィリピン人のハーフ。日本語・タガログ語・英語が堪能。法政大学経済学部国際経済学科在学中にモデル活動をし、2011ミスユニバース ジャパンでTOP5に残る。その後、フィリピン観光省や在比日本大使館の広報活動を行う。また10カ国以上旅行し、フィリピン留学を3度経験。世界の基準 とは何か。自分の誇れるものは何か。旅行や留学を通して得たたくさんの気づきをきっかけに「視野を広げることでヒトの秘められた可能性を引き出したい、日 本とフィリピンの魅力を伝えたい」という想いで2013年に会社を設立。“社会を変え、国を変え、世界を変える”アジアで成功する女性像を目標に日比の架 け橋を目指している。http://www.omoya-inc.com/#!naomikida/c16ss

黒柳 英哲 様
リンクルージョン株式会社 代表取締役
1980年生まれ。アジアでのビジネス支援、NPOのファンドレイジングや企業連携、マーケティング支援、国内の地域活性化支援などに関わる。40億人のためのビジネスアイデアコンテストファイナリスト選出。2015年にマイクロファイナンスとBOPビジネスを支援するソーシャルベンチャーを設立しミャンマーを拠点に事業準備中。http://www.linklusion.co.jp/

下垣 圭介 様

gooddo株式会社 代表取締役

1984年生まれ。新卒で株式会社セプテーニに入社。以後5年間ネット広告事業の営業・営業マネージャーを経験後、2010年にソーシャルメディア事業の立ち上げを行う。その経験がソーシャルグッドな領域の可能性を強く感じるきっかけとなり、2013年に新規事業として「gooddo」事業を立ち上げる。社会貢献を誰しもにとって身近な存在にすべく、事業の拡大にまい進中。http://gooddo.jp/


モデレータ: 稲葉哲治(EDAYA)

☆開催概要☆
【日時】6月4日(木) 18時開場 18時30分~20時30分
【場所】六本木ストライプスペース 
http://striped-house.com/access.html

【定員】60名

【参加費】前売り:2000円(peatix経由、イベント前日まで発売) 当日:2500円 (現地払い)
なお本イベントの参加費は、イベント開催に必要な経費を除いた分はすべて展覧会準備とフィリピンからの招聘費に充てられます。

【申込み】本peatixイベントページよりお申込み下さい。

【タイムスケジュール(予定)】
18:00~18:30:会場・受付
18:30~19:00:オープニングトーク・審査員紹介
19:00~19:10:主催者挨拶・各学生団体紹介
19:10~19:20:学生団体プレゼン①
19:20~19:30:学生団体プレゼン②
19:30~19:40:学生団体プレゼン③
19:40~19:50:学生団体プレゼン④
19:50~20:25:審査員コメント・会場クロストーク
20:25~20:30:写真撮影・閉会挨拶


Event Timeline
Thu Jun 4, 2015
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
六本木ストライプスペース
Tickets
前売りチケット ¥2,000

On sale until Jun 3, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都港区六本木5丁目10−33 ストライプハウスビル Japan
Organizer
EDAYA
55 Followers